病院紹介

秋田県立医療療育センター

基本情報

郵便番号
〒010-1409
住所
秋田県秋田市南ヶ丘一丁目1番2号
電話番号
018-826-2401
FAX番号
018-826-2407
院長名
坂本 仁
URL
https://www.airc.or.jp/

病院の概況

ryoiku

設置主体及び規模 秋田県が設立し、地方独立行政法人秋田県立療育機構を運営主体として、医療型障害児入所施設(計100床)である。
全職員数195名うち理事長含め常勤医師9名・歯科医師1名・看護職員数77名
診療科目 小児科・小児メンタルヘルス・整形外科・精神科(こころのケア)・歯科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科
理念・特徴 発達に支援が必要な子どもたちに、安全で良質な医療・療育を提供するとともに、乳幼児期から学齢期そして成人期に至るまでライフステージに応じた適切な支援を行うことを基本理念としています。
立地条件 秋田市郊外のかがやきの丘の上に建ち、秋田きらり支援学校・視覚支援学校・聴覚支援学校と隣接しています。

交通案内 
路線バス〈南ヶ丘線〉秋田駅東口2番のりば 「総合支援エリア」下車
    〈広面・御所野線〉秋田駅東口3番のりば
    〈南大通り経由日赤病院線〉秋田駅西口9番のりば
        「秋田赤十字病院」下車徒歩20分
タクシー 秋田駅から15分

看護部の概況

看護部の理念・基本方針

理念:私たちは発達に支援が必要な子どもたちやそのご家族に対して、
小児としての心身の成長・発達を支え、持っている能力を最大限に引き出し、自立に向けて看護します。
また、いかなる障がい児であっても生命の尊さを考え、一人の人間として尊重し、小さな変化を見出し、その発育を支援します。

基本方針:

  • 私たちは発達に支援が必要な子どもたちに、安全で良質な看護を
    提供します。
  • 他の部門と連携し、ライフステージに応じた総合的療育を実践します。
  • やさしく、思いやりのあるあたたかい看護を提供します。
  • 専門知識や技術の習得など、職員の資質の向上を図ります。

看護体制(看護職員数77名)

看護配置10:1、固定チームナーシング+PNS、3交代制(3~4人夜勤)

勤務時間(各勤務とも実働7時間45分)
日 勤8:30~17:15、準夜勤16:30~1:15、深夜勤0:30~ 9:15
早 出7:00~15:45、早 番7:30~16:15、遅 出9:30~18:15

卒後研修

  1. プリセプターシップによる新人指導、先輩による看護基礎技術研修
  2. 継続教育研修(クリニカルラダー研修)、部署毎主催の研修会、看護研究発表会開催、施設外研修会(看護協会、各種学会、療育関連等)
  3. 東北・北海道肢体不自由児施設療育担当職員研修会、
    秋田県リハビリテーション研究会、秋田県看護学会、
    日本リハビリテーション看護学会、日本重症心身障害学会、
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会等
    全国肢体不自由児療育研究会等に参加及び看護研究発表

採用案内

採用案内の方法 地方独立行政法人秋田県立療育機構職員採用試験受験
案内による(秋田県立医療療育センターHPにも掲載)
採用数 欠員補充若干名
応募手続きの問い合わせ・申し込み 地方独立行政法人 秋田県立療育機
構経営統括本部事務局
採用試験 小論文・口述試験、適性検査等
施設見学の可否 可能(担当:看護部長)

待遇

給与 地方独立行政法人秋田県立療育機構給与規程による
  例:看護師初任給(4年課程新卒者)
    基本給   231,134円(調整額を含む)
    期末・勤勉手当  年2回
    その他諸手当   夜勤手当、通勤手当、住居手当、寒冷地手当等
福利厚生 各種健康診断、結婚休暇・出産休暇・夏季休暇等の特別休暇、
宿泊施設利用券の交付等

先輩看護師からのメッセージ

先輩からの一言(ひばり病棟勤務 田口 麻衣)

「当センターは、発達に支援が必要な子どもたちに、安全で良質な医療・療育を提供するとともに適切な支援を行うことを理念としています。また、専門職としての役割だけではなく、多職種とも連携しながら成長・発達を支援する重要な役割も担っています。
日々の子どもたちとの関わりの中で、いつの間にか自分自身も自然と笑顔になることができるこの場所で、看護師として働くことができることに日々喜びを感じています。子どもたちの成長を喜びながら共に成長していけるよう努力していきたいと思います。みなさん、笑顔になれるセンターで一緒に働いてみませんか?」

北秋田・鹿角 大曲・仙北 横手・湯沢 本荘・由利 能代・山本 男鹿・秋田