病院紹介

秋田県立循環器・脳脊髄センター

基本情報

郵便番号
〒010-0874
住所
秋田県秋田市千秋久保田町6-10
電話番号
018-833-0115
FAX番号
018-833-2104
院長名
石川 達哉
URL
http://akita-hos.or.jp/

病院の概況

設置主体及び規模 秋田県
病床数184床(令和2年4月1日現在)
診療科目 脳心血管病診療部、脳卒中診療部、循環器内科、脳神経外科、脊髄脊椎外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、心臓血管外科
理念・基本方針

理念

質の高い安全な医療の提供と、臨床に根ざした研究により、県民の健康と生活を守る。

基本方針

  1. 循環器・脳血管疾患に対する高度な医療を県民に常時提供する。
  2. リハビリ、脊髄疾患の治療を通じて、県民の生活の質を向上させる。
  3. 県民の健康増進に向けた取り組みを推進する。
  4. 研究活動の成果を広く発表する。
  5. 循環器・脳脊髄疾患に取り組む医療人を養成する。
立地条件 秋田駅から徒歩圏内(約7分)の好立地
将来構想 全国的にも例のない「脳・循環器疾患の包括的な医療提供体制」を構築し、三次救急医療機関として、その役割を担う。

看護部の概況

看護部の理念・基本方針

 理念:その人らしさを支え、寄り添い、ともに歩み続ける看護をめざす

基本方針
  1. 医療安全に努め、安全・安心できる医療環境を整える。
  2. 地域と連携を図り、地域医療・看護に貢献する。
  3. 専門職として自己研鑽を重ね、質の高い看護を提供する。
  4. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画する。
  5. いきいきと働きつづけられる職場づくりめざす。

≪2020年度 看護部目標≫

  1. 身体拘束を減少させ、患者の尊厳を守る看護の提供をします。
  2. 健全な病院経営への参画をします。
  3. 働きやすい職場環境の整備をします。
看護体制・勤務体制 一般病棟入院基本料 「10:1」
*病棟:三交替制勤務
   (日勤 8:30~17:15 準夜勤 16:30~1:00 深夜勤 0:30~9:00)
*手術室      :待機制
*外来・放射線科  :日勤(8:30~17:15)
看護方式 固定チームナーシング
教育体制

キャリア開発ラダーを活用し体系的で計画的な人材育成を実践することにより、“なりたい自分”になれる環境を整え、病院全体の看護能力を向上させ『看護で選ばれる病院』をめざす

<教育理念>

看護実践能力、組織的役割遂行能力、自己教育力を備えた看護師を育成する

<教育目標>

  1. 循環器・脳脊髄医療に携わる看護師として専門的な知識と技術の習得ができる
  2. 組織の一員としての立場と役割を認識し責任のある行動ができる
  3. 自己教育力を発揮しキャリア開発ができる

<卒後研修>

  • プリセプターシップ制度:
    新人看護師が不安なく職場環境に慣れ、着実に日々の業務を習得していく事のできる体制としてプリセプター制度を導入している。プリセプティに対しプリセプター、アソシエイトを中心として部署スタッフが協力し、教育指導に関わり、段階的に成長できるように支援している。
  • 新人教育:
    教育委員会を中心に新人看護職員研修プログラムに基づき研修を行っている
  • 継続教育
    段階別教育としてキャリア開発ラダーにより各レベルの到達目標に応じた研修や役割研修を行っている

 

学会参加等

年 度 学会名 テーマ
2016年度 第4回日本脳神経看護研究学会 東北地方部会 ・クモ膜下出血術後患者・家族の思い
・脊椎疾患術後患者への疼痛スケールを活用した術後管理
  第14回日本臨床医療福祉学会 脳卒中患者の自立度拡大の判断に関するFIMを用いての実態調査
  第12回固定チームナーシング研究会 東北地方会 ・転倒転落事故防止に向けた取り組み
・脳卒中再発予防を意識した退院支援
・クモ膜下出血患者の早期離床アセスメントシートを作成して
2017年度 第44回日本脳神経看護研究学会 ・経口摂取に向けた取り組み~KTバランスチャートを用いた援助の実際
  第5回日本脳神経看護研究学会 東北地方部会  
  第13回固定チームナーシング研究会 東北地方会 ・外来看護師の接遇向上への取り組み
・脳卒中再発予防指導への取り組み
・脳梗塞急性期治療開始までの時間短縮への試み
  固定チームナーシング研究会全国集会 ・固定チームナーシングチェックリストデータから見えた成果と課題
2018年度 第45回日本脳神経看護研究学会  
  第14回固定チームナーシング研究会 東北地方会 ・心臓リハビリテーションを受ける患者を受け持つ看護師の役割
  日本手術室看護学会 ・桂皮的血栓回収術開始までの時間短縮を目指した取り組み
  標準及び日本脳神経外科会議 ・3ヶ月で超緊急手術器械出しができるスクラブナースの育成
  回復期リハビリテーション病棟協会 第33回研究大会 ・「たべる」ことは「生きる」に学んだ活動
2019年度 第15回固定チームナーシング研究会 東北地方会 ・外来における継続看護介入シート作成の取り組み
・リフレクションを活用した術後患者の受け入れの取り組み
  第6回日本脳神経看護研究学会 東北地 方部会 ・回復期リハビリテーション看護師が家屋訪問を行って学んだこと
・外来看護師のコミュニケーションの学び方の獲得に関わる経験
・シンポジウム テーマ「現在の脳神経看護の発展に向けて」

先輩看護師からのメッセージ

先輩から一言

手術室看護師 DMAT看護師(入職12年目)
               菊地 弦
 手術室看護師の役割は、周手術期にある患者さんに安全・安心な看護の提供だと思います。患者さんは麻酔がかかると言葉を発することができません。術前から患者さんに寄り添い、代弁者として情報を共有し関わることを心掛けています。また、執刀医の一歩先を読んで適切な器械を提供しスムーズに手術が終えた際は、手術に携わる一員としてやりがいを感じます。
 また、私は災害医療派遣チームの看護師です。災害はとても厳しい状況で活動することもありますが、緊急時こそ医療・看護の力を発揮できるよう日々努力しています。
回復期リハビリテーション病棟看護師(入職5年目)髙屋 麗奈
 私が所属している回復期リハビリテーション病棟では、急性期を脱した患者さんが社会復帰、在宅復帰ができるよう日々の入院生活を通して援助しています。長期の入院生活になるので、患者さんの気持ちを尊重しながら障害と向き合う不安や悩みなどを共有できるよう精神的にもサポートしています。患者さんが回復していく姿を近くで見ることができるため、やりがいを感じています。
北秋田・鹿角 大曲・仙北 横手・湯沢 本荘・由利 能代・山本 男鹿・秋田