病院紹介

秋田県立循環器・脳脊髄センター

基本情報

郵便番号
〒010-0874
住所
秋田県秋田市千秋久保田町6-10
電話番号
018-833-0115
FAX番号
018-833-2104
院長名
石川 達哉
URL
http://akita-hos.or.jp/

病院の概況

設置主体及び規模 秋田県
病床数184床(令和3年4月1日現在)
診療科目 脳心血管病診療部、脳卒中診療部、循環器内科、脳神経外科、脊髄脊椎外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、心臓血管外科
理念・基本方針

理念

質の高い安全な医療の提供と、臨床に根ざした研究により、県民の健康と生活を守る。

基本方針

  1. 循環器・脳血管疾患に対する高度な医療を県民に常時提供する。
  2. リハビリ、脊髄疾患の治療を通じて、県民の生活の質を向上させる。
  3. 県民の健康増進に向けた取り組みを推進する。
  4. 研究活動の成果を広く発表する。
  5. 循環器・脳脊髄疾患に取り組む医療人を養成する。
立地条件 秋田駅から徒歩圏内(約7分)の好立地
将来構想 全国的にも例のない「脳・循環器疾患の包括的な医療提供体制」を構築し、三次救急医療機関として、その役割を担う。

看護部の概況

看護部の理念・基本方針

 理念:その人らしさを支え、寄り添い、ともに歩み続ける看護をめざす

基本方針
  1. 医療安全に努め、安全・安心できる医療環境を整える。
  2. 地域と連携を図り、地域医療・看護に貢献する。
  3. 専門職として自己研鑽を重ね、質の高い看護を提供する。
  4. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画する。
  5. いきいきと働きつづけられる職場づくりめざす。

≪2021年度 看護部目標≫

  1. 一人ひとりの患者の尊厳を大切にし、身体拘束最小化に向け継続して取り組みます。
  2. 安全・安心な看護の提供をします。
  3. 働きやすい職場環境の整備をします。
看護体制・勤務体制 一般病棟入院基本料 「10:1」
*病棟:三交替制勤務
   (日勤 8:30~17:15 準夜勤 16:30~1:00 深夜勤 0:30~9:00)
*手術室      :待機制
*外来・放射線科  :日勤(8:30~17:15)
看護方式 固定チームナーシング
教育体制

キャリア開発ラダーを活用し体系的で計画的な人材育成を実践することにより、“なりたい自分”になれる環境を整え、病院全体の看護能力を向上させ『看護で選ばれる病院』をめざす

<教育理念>

看護実践能力、組織的役割遂行能力、自己教育力を備えた看護師を育成する

<教育目標>

  1. 循環器・脳脊髄医療に携わる看護師として専門的な知識と技術の習得ができる
  2. 組織の一員としての立場と役割を認識し責任のある行動ができる
  3. 自己教育力を発揮しキャリア開発ができる

<卒後研修>

  • プリセプターシップ制度:
    新人看護師が不安なく職場環境に慣れ、着実に日々の業務を習得していく事のできる体制としてプリセプター制度を導入している。プリセプティに対しプリセプター、アソシエイトを中心として部署スタッフが協力し、教育指導に関わり、段階的に成長できるように支援している。
  • 新人教育:
    教育委員会を中心に新人看護職員研修プログラムに基づき研修を行っている
  • 継続教育
    段階別教育としてキャリア開発ラダーにより各レベルの到達目標に応じた研修や役割研修を行っている

 

学会参加等

  • 日本脳神経看護研究学会
  • 日本脳神経看護東北地方部会
  • 固定チームナーシング研究会 全国集会・東北地方会
  • 日本手術看護学会
  • 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会

採用案内

採用情報や受験申込み等については、地方独立行政法人秋田県立病院機構のホームページ(URL:http://www.akita-hos.or.jp)をご覧いただくか、本部事務局(TEL:018-833-0115 人事課 採用担当)にお問い合わせください。

先輩看護師からのメッセージ

先輩から一言

HCU看護師(入職4年目)
 新卒で当センターに入職し、現在は脳外科や循環器疾患の急性期患者さんの状態を把握しながらケアを行っています。入職当初は一般病棟に配属されましたが、その後急性期病棟への異動となり不安もあったのですが、教育体制が充実しており先輩たちの指導の下、徐々に知識や経験を積んでいます。状態が安定しない患者さんも多く、緊張感はありますが信頼できる先輩看護師と協働して仕事ができています。新卒・中途採用、異動など個人のレベルに合わせた教育体制でとても働きやすい職場だと感じています。

SCU看護師(入職6年目)
 脳卒中急性期は患者さんの症状が変動しやすく、SCUナースには「速やかに異変に気付き観察できる」ことが求められます。緊急性を要する当部署は、緊迫感がありプレッシャーを感じることもありますが、脳卒中に特化した専門的な知識や技術を養えることは、自身のスキルアップや自信につながります。また、チームで実践したケアにより快方に向かう患者さんの姿を見ることができた時には、非常に嬉しく喜びややりがいを感じます。

北秋田・鹿角 大曲・仙北 横手・湯沢 本荘・由利 能代・山本 男鹿・秋田